本年度も、63回生の皆様をお迎えして、田園調布雙葉学園同窓会は、7,000名近くの大所帯に成長しております。新入会員の皆様は、学園の教えを胸に外の世界へと大きな夢と期待を持って巣立たれ、また、現会員の皆様方もそれぞれ希望に満ちた新しい年度を迎えられていることとお喜び申し上げます。
皆様ご存知のように、ここ数年で同窓会活動は大きな変化の時期を迎えておりますが、試行錯誤の上、なんとか無事に軌道に乗って邁進しております。これもひとえに、この3月に退任なさいました植田会長、阿部副会長、神谷副会長、24,25回生の常任委員の皆様、これまでの役員、会員の皆様のご尽力の賜物と心より感謝御礼申し上げます。
 同窓会の活動は、2年任期で、公平に、すべての回生の方々にご活躍頂いております。今年度は、昨年度から活動されている34,35回生を中心に、新たに26,27回生の常任委員、会長(22回生)、副会長(22回生、23回生)が加わり、委員一同、コミュニケーションを図り、少しでも多くの会員の皆様のご意見を同窓会運営に反映し、時代に即した同窓会の発展のために運営していく所存でございます。
 私自身、普段の生活に追われて学園にすっかりご無沙汰して還暦近くまで歳を重ねてまいりましたが、最近になって、学園のシスター方、先生方にお世話になっていた頃は気づけなかった、“学園で培った自分の核”の様なものを強く感じるようになりました。少しでもご恩返しできますよう、力不足ながら一生懸命努力してまいります。
 今年度を機に、今まで母校から遠のいていらした方々も、お誘いあわせの上、総会、懇親会、バザーなどの行事にいらしていただき、同窓会活動について、幅広く、様々なお立場からのご意見、お知恵を拝借できましたら幸いでございます。
 皆様のご参加を委員一同、心よりお待ちしております。

2017年 春
田園調布雙葉学園同窓会 会長 22回生 伊藤祐貴子 (遠藤)