同窓会では、毎年1回秋に、同窓会会報を郵送でお届けしています。
Vol.49 / 2016年11月1日発行
vol.49, vol.45 表紙画 / 青木美和 (28回生)水彩画家

早稲田大学第二文学部日本文学専攻卒
TBS「世界ウルルン滞在記」タイトル画、松任谷由実「シャングリラ3」ツアーパンフイメージ画や企業カレンダー、雑誌表紙等を担当するほか、個展・グループ展多数。
透明水彩関係の著書多数。最新作は「猫のいる風景画」(マガジンランド社)。
関東を中心とした水彩講座・国内・海外スケッチツアー多数担当。
水浅葱の会主宰、日本出版美術家連盟会員、日本透明水彩会会員。
http://www.amy.hi-ho-ne.jp/miwa-aoki/
   

Vol.45 / 2012年11月1日発行

Vol.45 表紙画について
雪が降るとスキー場のように滑る急坂が、高所恐怖症の私にとってはスリリングでした。
秋には小さなどんぐりが、ころころ転がっていたのを思い出します。
作品において、未だに坂道や階段を描くのを好むのは、起伏のある土地に点在していた学園の校舎や校庭の不思議さが、心に強く残っているからではないかと思います。
今回は、同窓会の表紙画やウェブの挿絵において、懐かしい学園とのご縁が繋がったことを、とても光栄に感じております。